自営業をはじめるときの心構え

本当に自営業をやりたいのか

自営業というと、たいていは会社員を経験した人が勤めていた会社に不満を持ったり、自分のやりたい仕事ではなかったりしたことが原因で会社を辞めて始めることが多いのです。自営業は最初の段階で明確な目的がないと失敗してしまいます。自営業を目指す人なら聞いたことがあるかもしれませんが、自営業を始めて5年以内に辞めていく人は95パーセント以上なのです。
自営業を始めようと考えている人の理由の多くは今までの環境に不満がある人か、今までの仕事内容に不満がある人のどちらかです。実は、この2つが揃って初めて自営業をやろうとするはずです。片方だけの不満なら転職でも構わないわけです。ここは冷静に判断するべきで、もし、片方だけの理由がきっかけだとしたら転職するなどのように自営業以外の道もあるはずなのです。

不満から生まれるものを大事にする

自営業を行うきっかけは、環境の不満と仕事内容の不満の両方のが合わさった時ですが、自営業を始める理由を考えると、多くの人は会社に縛られない生活がしたいからという理由で始めています。これを作りたい、これを世の中に広めたいという明確な理由がないことが多いのです。自由になりたい、仕事に対する不満をなくしたいという思いが強いのならば自営業はもっと時間的な拘束が激しくなりますし、最初の数か月、数年はお金が稼げなくて不満を感じますので、実は会社員の時のほうが幸せだったよなあと思うかもしれません。結局、途中で挫折して会社員に戻るのがオチです。
ですが、自分はこれを作りたい、世の中に広めたいという使命感のような思いがあるのならぜひ自営業に挑戦してみるべきです。自営業は自分がお金を儲けるため、自由な時間がほしいからという理由で始めるのではなく、何かを世の中に広めて多くの人に喜んでもらいたい、社会貢献したいという純粋な気持ちが根底にある必要があります。